TonamiLog

ゆるキャン△とスノーボードとオタク

結婚式をするということ

 

ハロートナミです。プキプキ

結婚式をしたので、結婚式について書きます。

ポエム要素があります。

 

 

自分は元々あまり結婚願望の無い人間でした。

彼女欲しいな~とかも強く感じたことはあまりないです。

このあたりは詳細な表現が難しいですが

"女性のために自分を変える事はしたくないが、

今の自分を受け入れてくれる人がいるなら付き合いたい"

という感覚ですね。一般的には一生彼女が出来ないタイプだと思います。

しかし世の中には様々な女性がおり、Twitterで無限にエロ画像をRTし、夜な夜な友達とVCを繋ぎ叫びながらゲームをする人間と付き合える女性が居ました。すごいですね

今回は結婚の話をしたいので諸々省略しますが、付き合ってから1年と少しぐらいで同棲が始まり、今の住所へ引っ越しました。

その後自分が就職して、なんとなく2人の収入だけで生きていけるようになり、ふわふわと2年が過ぎました。

ところで女性にはn歳までに結婚しないと死ぬみたいな話がたくさんあり(nには多彩なバリエーションがあります)、んなバカなと思っていたのですが、このままだらだら過ごして相手の人生を奪うようなのは良くないだろうと考えるようになりました。

2人で過ごした時間を顧みて、自分はこの生活を続ける事に不満は無いし、出来ればこのまま続けたいと思ったので、2018年1月1日にプロポーズし、妻の誕生日である2018年6月1日に入籍していました。

 

では結婚式の話をします。

まず最初に、結婚式を行う会場の選定をします。んで予約を取ります。ゼクシィを買いましょう。

うちはチャペルや会場の雰囲気とアクセスを重視し、アーフェリーク白金ウェスティンホテル東京を見学しました。

最後は階段(フォトスポット)とホテルの静かさ等が決め手になりウェスティンホテル東京に決定。普段使わない高級ホテルでやればゲストの思い出にもなるだろうみたいな

ちなみに式は2019年5月だったのですが、予約をしたのは2018年4月30日でした。一般的には半年前に予約を取ればOKらしいのですが、人気の式場(と日取り)は予約されてしまうので、取れる時に予約するのが良いと思います。

人気の日取りって何?みたいな気持ちになりますが、仏滅だと割引がつくとか、曜日によって値段が違うとか、そういうのがあります。

妻曰く、夏と冬は大変なので避ける。平日は社会人が参加出来ないので避ける。日曜は遠方から来る人が大変なので避ける。よって秋か春の土曜日が最も良いそうです。ジューンブライドという言葉もありますが、実際に1番人気なのは11月とのことでした。

これ以降はウェスティンホテル東京の成分が多くなります。他の式場では全く異なる事をしている可能性が高いです。

要素が無限にあって実際に全部は書けない(結構忘れてきている)のですが、とりあえず式場との打ち合わせについて書きます。

 

2018年12月29日

ウェスティンホテル東京で開催されたウェディングマルシェというイベントに行きました。

結婚式場には多数の業者が入っており、例えば式の写真を撮るカメラマンも3社から選ぶ……みたいな事をします。そういった各社の展覧会という感じのイベントでした。

披露宴の食事、テーブルコーディネート、写真、ブーケ、衣装、映像、音声、照明、司会……そういった色々を見学します。大変でした。

 

2019年1月15日

ウェスティンホテル東京にて1回目の打ち合わせをしました。

ここで

  • 招待状のデザイン
  • ペーパーアイテムの文例
  • 招待状発送日
  • 印刷部数(予定)
  • 校正スケジュール等
  • 宛名筆耕依頼(ホテルに頼むか自分で書くか)
  • ウェディングテーマの決定
  • 司会者の手配
  • 列席者の宿泊手
  • 列席者の美容着付の説明
  • 婚礼料理試食の説明
  • 前撮り写真について
  • 2次会について
  • 引出物について

を打ち合わせします。

ウェディングテーマは、結婚式場の担当者にどういう結婚式にしたいか?を伝えるものぐらいに思ってください。アットホームとか、スタイリッシュとか、フォーマルとか、大人っぽいとか、色々な話が出ます。あとゲストをもてなしたいとか、親への感謝を見せたいとか、感動的な演出にしたいとか……

婚礼料理試食はそのままなんですが、披露宴で出す予定の料理を割安で食べれるよーという事です。食べました。美味しかったです。

 

ここからずっと参加者のリスト作成等を延々行っていきます。

誰を呼ぶのか?誰を呼ばないのか?とかです。

2019年2月23日

2回めの打ち合わせです。ここで

  • 招待状の受取、発送方法の説明
  • 披露宴進行について説明
  • 音響・照明・BGM演出の説明
  • VTRの説明
  • 会場装花の説明
  • 配席の説明
  • テーブルレイアウトについて

をやります。

まああんまいう事は無いんですが、えーそれ金かかんの?みたいな話がいっぱい出ます。ステレオスピーカー使用料とかですね。逆にそれ無しで式やる人いんの?みたいなね

VTRには基本的にオープニング、プロフィール、エンディングの3本があります。開始時、お色直し中座時、終了時に流す映像です。

全てを式場に入っている業者に依頼する事も出来ますし、自作する事も出来ます。

我々はライブエンドロールという当日の様子を撮影・編集してエンディングムービーとして流すやつを依頼し、オープニングとプロフィールについてはネットの業者へ依頼しました。

 

2019年3月3日

3回目の打ち合わせです。ここでは

  • 披露宴の料理・飲み物・ケーキ
  • 披露宴のテーブルコーディネート
  • 記念写真・スナップ写真について
  • 席札やメニュー表等、ペーパーアイテムについて
  • 挙式のリハーサルについて
  • 概算見積もりの作成

をしました。

特に書く事無いですねこれは、そこそこ固まった状態の見積もりが貰えるので、ハー金みたいな気持ちになります。

 

2019年4月19日

4回目の打ち合わせです。

  • 配席表の確定
  • 全アイテムの確認
  • 宿泊者の確認
  • 最終見積書の定時
  • 当日スケジュールの確認
  • 司会者との打ち合わせ
  • BGMリスト、音源の提出締切
  • 持ち込み品の打ち合わせ(ウェルカムボードや持ち込み衣装等)

などをします。基本的にはこれが最後の打ち合わせです。

確認が主ですが、決まってない事があればあるだけこの打ち合わせが長くなります。

BGMは原盤権がどうたらでCD(レンタル不可)を式場に提出しなければいけません。我々が用意したBGMリストがこれで

f:id:Thiroyuki:20190522063723p:plain

大量のCDを買い漁る事になりました。特にDVDの特典にしか入ってないやつとか滅茶苦茶面倒くさかったです……。

 

式の打ち合わせに関しては以上ですが、当然この打ち合わせと並行してあらゆる準備が進んでいきます。

 

まず参加者の管理が大変です。全員の正しい名前と現住所を確認し、招待状の発送等用に入力していきます。式場によってはこれexcelで書いてメールしてねとかになると思うんですが、ウェスティンホテル東京は多少マシで、ウェブアプリで色々な管理が出来たため、それに入力しました。

あと映像とか飾る用とかで大量の写真を集める必要があるんですが、これも本当に辛かったです。まあ自分が悪いんですけど3年前ぐらいからしかgooglephotoに突っ込んであるデータが無くて、古いiPhoneの写真とかは全部喪失していたし、なんかこうどうすんだこれみたいな感じでした。もうやりたくない

衣装、うちは妻が他の式場の衣装室と縁があったため、全衣装を持ち込みにしました。持ち込む場合、当然自分達で管理する事になります。何を着るのか決めて、いつどこに衣装が来るとか、発送の手配とかをやります。

妻はずっとウェディングエステとか、なんかこうあらゆるものに通い続けてました。ずっと予定入ってて大変そうだった。

f:id:Thiroyuki:20190525102724p:plain

 

引出物。カタログが大量にあるので予算を勘案して誰に何を渡すか決めていきます。親族と友人で別の内容にしました。選択肢無限系

プチギフトについても決める必要があります。最終的に楽天で買いましたが未だに何が良かったのか分からない。選択肢無限系

席札のデザインとかも決めるがあります。いつ決めたかもはや覚えてないですが、紙デザインは全て自分達で選ぶ事となります。選択肢無限系

ウェルカムボード。我々はイラストレーターのゆの様にウェルカムボードを依頼しました。私の脳みそがダメで、色々トラブルになってしまったのですが、本当に素敵なイラストに仕上げて頂きました。(本当にすみませんでした、ありがとうございました……)

 

あと2次会の準備

我々は自分たちで準備を行うタイプのアレをやったのですが、クソ大変でした。2次会のOP映像作るだの、ビンゴの景品用意するだの、DJを依頼しようとか、DJ機材手配とか……。

結局式の前日まで下見に行くとかケーブル買うとか、なんかこうやることあるなあという感じでした。あと一部の参加者に異様な負担を強いてしまった。

一般的に2次会の幹事は全て友人に任せる事が多いそうですが、本当にそうした方がいいです。大変なので

 

準備後、スピーチとかを考えて当日を迎えます。当日についてはこのエントリの本質ではないので簡単に書きます。

会場行って着替えて挙式やって馬車乗ってお色直しして披露宴やってお色直しして披露宴終わってホテルの部屋で着替えて2次会会場行って2次会始まってワイワイやって終わりです。

ウェスティンホテルでは挙式後に馬車で恵比寿ガーデンプレイス周辺をパレードさせてくれます。

唯一顔の出てない写真があったので載せます。

全てを終えて帰ってくると部屋にシャンパンが用意されてました。

ありがたいね。準備は大変でしたが当日は本当に楽しくて、皆様有難うございますみたいな気持ちになりました。結婚式おわり

 

最後に本質情報です

f:id:Thiroyuki:20190525104334j:plain

ホテルの提携業者に受注した分が全て入っています。

ホテルのグレードに対しては安いんですが、これとは別に

衣装レンタル代(40~50万ぐらいだった気がします)

妻のエステやらなんやら(多分20万ぐらい?聞いてないので不明)

映像作るだの親への贈り物買うだので10万ぐらい

等がかかっています。多分忘れている分もあります。

 

まー全部で550万ぐらいかかってるんじゃないですかね?知らんけど

調べると入籍したカップルが結婚式をする割合は50%とか出てくるんですけど、そらこんな事全員やりたいわけ無いでしょという気持ちになるばかりです。

親族だけとかの小規模なやつなら当然こんなにかからないです。小規模でお色直しも無ければ100万もありゃ十分出来るんじゃないですかね。そもそも金がかかるのは披露宴なので、記念に20万ぐらい払って挙式だけするのとか凄くスマートだと思います。

多分最近では貴重な友人を呼んで盛大に開催!みたいなオーセンティックな結婚式の記録でした。そういうのやりたい人は是非参考にしてください。おわり